HOME>注目記事>自由に取り外しができる歯列矯正を選ぶなら

目立たない矯正を希望するなら

女性

歯並びをきれいに整えるためには矯正治療が必要ですが、通常の治療では歯の表面に装置を取り付けますのでかなり目立つことになります。しかも長期間つける必要がありますので、目立つのは困ると考える人は少なくありません。そこで、矯正歯科でも装置が目立たない治療に力を入れているところが増えてきました。東京の歯科医院では裏側矯正など様々な目立たない治療が提供されていますが、特に話題となっているのがインビザラインです。これは透明のマウスピースのような装置を装着して歯を動かす方法です。症例によっては、インビザラインが向いていない場合もありますので、まずは歯科医院で診察や検査を受け治療が可能であるかを判断してもらいましょう。

最初にすべてのマウスピースを作成

診療室

東京でも人気が高まるインビザラインは透明のマウスピースを使い歯を動かしていきます。自由に取り外しができるので一定の期間が過ぎたら自分で新しいマウスピースと交換することができます。マウスピースは複数必要となりますが、最初にすべてのマウスピースを作成できるので何度も型どりをする必要はありません。自由に取り外しができるのが、ワイヤー矯正との大きな違いですが装置を外している時間が長すぎると順調に歯を動かすことはできません。食事や歯磨きのとき以外はできるだけ装着しておくようにしましょう。

金属アレルギーのある人にも安心

歯医者

金属アレルギーがあることで矯正をあきらめてしまう人もありますが、インビザラインは金属を使わずに歯を動かすことができますので金属アレルギーの人にも向いている治療です。さらに、矯正に使うマウスピースはホワイトニングにも活用できますので、歯並びを整えるだけではなく美しい白い歯を得たいという人にも向いています。東京でもすべての歯科医院で対応している治療ではありませんので、まずはインビザラインを導入している歯科医院の情報を集めておきましょう。